中級者向け

【ボドゲ紹介】コトバーテル|「モジ」を使って5文字の「コトバ」を当てるチーム戦のゲーム!

だいちゃん
だいちゃん
こんにちは、「だいちゃん」です!

本記事では、コトバーテルの遊び方&レビューをはじめ、「コトバーテルの何度もプレイしたくなるわけ」までを徹底解説しました!

 

与えられた5文字のお題を味方に当ててもらうゲーム。

自分が出すヒントは、ランダムに渡された50音の文字を並べ替えたものだけ!

だいちゃん
だいちゃん
悔しくて、負けたほうが必ず「もう一回!!」と言ってしまうゲームです!

 

それでは本文をどうぞ!

【コトバーテルとは?】ゲームの概要とレビュー!

コトバーテルは、5文字のお題を、50音ランダムに配られる「モジ」を入れ替えながら味方に当ててもらうゲーム。

人数 プレイ時間 対象年齢 ジャンル 発売年式 価格
4,6人 10-20分 6歳以上 パーティ 戦略 2019年 約2,800円
難易度
初心者おすすめ度
盛り上がり度
お手軽さ
読み合い(ブラフ)

プレイヤーは「5文字のお題」と「7文字」が与えられます。

7文字のうちの5文字を使って「お題に近そうな言葉」を作ります。

だいちゃん
だいちゃん
最初はもちろんへんてこな言葉ができますね(笑)。

 

一枚ずつカードを入れ替えながら、チームのプレイヤーに自分のお題を当ててもらえれば勝ちというルールのゲームです!

  • チーム戦で誰も傷つかないゲーム!
  • お題が「伝わったとき」「わかったとき」が気持ちいい!
  • 何回もやりたくなってしまうゲーム!
  • 意外と戦略が勝負のカギを握る!

コトバーテルの内容物

一覧

  1. モジカード
  2. お題ボード+マーカー
  3. 説明書
① モジカード

50音のカードが2枚ずつ入っています。

 

特殊カード

50音に加え、5種類の特殊カードがあります。

  • 確定カード →その位置で確定というのを味方に伝える
  • 行+段カード→付けたカードの行または段というのを味方に伝える

 

行+段カードの例
  • 「か」に「行」を付けると、「かきくけこ」のどれかになる。
  • 「か」に「段」を付けると、「あかさたなはまやらわ」のどれかになる。

ということです。

② お題ボード+マーカー

お題ボードの表面にお題を書きます。

 

裏面には手番で行える行動が記されています。

③ 説明書

ルールはとても簡単です。すぐに遊べますよ!

コトバーテルのルールと簡単な遊び方(流れ)

ゲームの準備

  1. チームのプレイヤー同士が正面になるように座る
  2. ボードにお題(5文字)を書いて右のプレイヤーに渡す
  3. モジカードを7枚ずつ引き、うち5枚で言葉を作る
  4. 残りの2文字は「余り」としてよけておく
① チームで正面に座る
② お題を書いて右に渡す
③ モジカード7枚引いて5文字をつくる
だいちゃん
だいちゃん
最初はハチャメチャな言葉ができますが、その中でも何となく伝わりそうな5枚を選びましょう!

 

④ 残りの2枚は「余り」へ

余りはよけておきます。

 

初期配置時のみ、特殊カードは一文字とカウントされます。

だいちゃん
だいちゃん
余りに置くと取られてしまうので、あとで使いたいカードは入れておくとよいですね!

ゲームの流れ

プレイヤーは手番中に、以下の4つの行動を選びます。

  1. 山札を引く
  2. 「余り」を使う
  3. コトバを入れ替える
  4. コトバを当てる

手番を行ったら次のプレイヤーへ手番が移ります。

これを繰り返して、「4.コトバを当てる」で先にお互いの「お題」を当てられたチームの勝利です。

① 山札を引く

山札からカードを引きます。

引いたカードの置き場所
  1. カードを使う  →モジを入れ替える
  2. カードを使わない→「余り」に追加する
① カードを使う

自分が作った5文字のうち一枚と交換します。

交換したカードは自分の「余り」へ置きます。

② カードを使わない

使わないカードはそのまま「余り」へ置きます。

② 「余り」を使う

自分または他のプレイヤーが「余り」に置いたカードを使うことができます。

ほしいカードを持ってくるので、味方にも重要なカードということが伝わりやすいです。

③ コトバを入れ替える

自分が並べているコトバを入れ替えます。

④ コトバを当てる

味方のお題がわかりそうだったら、「お題」が何なのか答えます。

間違えても罰はなく手番が終わるだけなので、思いついたらどんどんチャレンジしていいと思います!

当てたプレイヤーは、あとは味方に当ててもらうだけなのでひたすら①-③を繰り返します。

【ゲームの終了】チームのお互いのプレイヤーがお題を当てたら終了

先にお互いのお題を当てたチームの勝利です。

【ここがミソ】コトバーテルの面白いところ

何度もプレイしたくなるゲーム

  • 悔しい!
  • 楽しい!
  • 惜しい!

この3つが詰まったゲームなので、何度もプレイしたくなります!

またチーム戦なので、勝った時の喜びも2倍な気がします!

伝え方は十人十色

同じ「モジ」が2文字しかないのでなかなかほしいカードが来ません。

そんな時に頭を使ってなんとかニュアンスで味方に伝えるのが重要になってきます。

だいちゃん
だいちゃん
本当は「゛」が欲しいけど「゜」を付けるなどの方法を使ったりします!

右隣のプレイヤーのお題がわかる

自分が決めたお題を右のプレイヤーへ回すため、そのお題がわかります。

なのでどの文字が欲しいかや何を伝えたいか、やりたいことがわかります(笑)。

だいちゃん
だいちゃん
右のプレイヤーが欲しいカードをわざと使うという作戦もあります(笑)。

コトバーテルはどこで買える?

Amazonで購入できます。

店舗によっては取り扱いのない場合もあるので、ネット購入がおすすめです。

【まとめ】コトバーテルで!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

だいちゃん
だいちゃん
「限られた文字」と「自分の発想力」で勝負するチーム戦のゲームです。

味方との信頼関係も試されます!

 

プレイ人数が4人6人専用なので、プレイするタイミングは限られてしまいます。

逆に4,6人で集まったなら絶対にプレイしたいゲームです!

 

それでは今日も一日ボードゲームを楽しみましょう!

せーのっ、HAPPYボドゲ!

合わせて読みたい記事一覧

【ボドゲ紹介】ゴモジン|まるでTVのクイズSHOW!?漢字2文字とカタカナ3文字でお題を伝えるひらめきパーティーゲーム【本格的】本記事では、ゴモジンの遊び方(ルール)&レビューをはじめ、「ゴモジンの面白くて仕方ないところ」までを分かりやすく解説しました!決定版です!...
【カタカナーシ】おもしろルール紹介!VS嵐でも遊ばれてる!?カタカナ語なしでお題を伝えよ!簡単なのに神ゲーです本記事では、カタカナーシの遊び方&レビューを画像つきでわかりやすく解説しました(YouTube動画アリ)。プレイで使うのは山札から引いたカード1枚だけ!カタカナ語一切禁止のパーティーゲームの決定版!...