ボードゲーム コラム

【ゴキブリポーカーのつまらない遊び方】これさえわかればマスタークラス【ルール簡単】

こんにちは、だいちゃんです。

ボードゲームは楽しく遊びたいですよね。

楽しく遊びたいのに「あれ、前より楽しくなかったかも…?」ってことありませんか?

そんな時は誰かがつまらない行動をしてしまっています。

もしかしたら、それはあなたかもしれません。

そうならないためにも、つまらない方法を知ってゲームにのぞみましょう!

 

ごきぶりポーカーはどんなゲーム?

一応どんなゲームか触れておきます。

ごきぶりポーカーの概要

  • ごきぶりポーカーはシンプルなブラフ系のゲームです。
  • 「ゴキブリ」「ネズミ」など8種類の嫌われ者カードを相手に押し付けて、集めてしまったら負け。
  • 使用するのはカードのみ。8種類×8枚ずつで合計64枚。

ごきぶりポーカーのレビュー

人数 プレイ時間 対象年齢 ジャンル 発売年式 価格
2-6人 10-20分 8歳以上 パーティ
ブラフ
2004年 約1,800円
難易度
初心者おすすめ度
盛り上がり度
お手軽さ
読み合い(ブラフ)

やることが簡単で初心者にもおすすめのゲームです。

だいちゃん
だいちゃん
僕が一番最初に買ったゲームでもあります。

まだあまりボードゲームを持っていない人におすすめのゲームです。

 

ごきぶりポーカーのルール

どうやったらつまらないゲームになってしまうかの前に、「ごきぶりポーカー」のルールをおさらいしましょう。

簡単に説明します。

① カードを一枚任意の人へ渡す

手番の人は「押し付けたいカード」を1枚選び、好きな人に渡します。(嫌いな人に押し付けても良いよ..!!)

カードを渡すときは裏向きで渡します。

また、このときになんのカードを出したか宣言します。

だいちゃん
だいちゃん
このカードはゴキブリです。

このときウソをついてもOKです。

 

② 渡された人は「ホント」か「ウソ」かを当てる

どちらか宣言したら、答え合わせをします。

答えが当たっていた場合

渡した人が見破られたことになるので、カードの押し付け失敗です。

渡したはずのカードは、その人の場に戻ってきます。

答えが外れた場合

カードの押し付け成功と言うことになります。

渡された人が受け取り、自分の場におきます。

 

③ どうしてもわからなければ他の人に渡す

「ホント」か「ウソ」かわからないときはカードを見ることができます。

そしてカードをまた別のプレイヤーへ渡します。

このときどんな宣言をしても構いません。そのカードで自分が手番を行うような感じです。

 

④ カードを押し付けられた人から再スタート

手札からカードを選んでゲーム再開です。

 

【ゲームの敗北条件】3パターン

ゴキブリポーカーは敗者を決めるゲームです。

負けの条件に達したプレイヤーが出た時点で、ゲーム終了となります。

【敗北条件①】同じカードが4枚揃ったら

 

【敗北条件②】全種類のカードが揃ったら

 

【敗北条件③】手札が無くなったら

 

 

ゴキブリポーカーの詳しいルール

もっと詳しくしりた方は、こちらのサイトがわかりやすいと思いますので参考までに。

 

どうやったら面白くなくなるのか

さあ!ここからがやっと本題です!

どうしたらおもしろくなくなるのかですよね。

そもそもなんで「面白くなくなる」方法を教えるか

実はここがとても重要なんです。

基本的にボードゲームって全部面白いんですよ。

じゃあどうして面白くなくなるのか、それは残念ながらあなたの行動がそうさせています。(以下、「NG行動」と表記します。)

だいちゃん
だいちゃん
待ってくれよボブ!俺がNG行動をしているって!?そんなに言うんだったら説明してくれよ!

ジョージ落ち着いてください。

これから「ごきぶりポーカーのNG行動3つ」を説明しますからね。

NG行動①:一人狙いをする

「ゴキブリポーカーのルール」でも言いましたが、敗北者が出た時点でゲームが終了します。

だいちゃん
だいちゃん
じゃあ負けそうなやつ狙えばええんやな。

もしもし、警察ですか。↑こいつが犯人です。

勝負としては何も間違っていません。

しかしゲームを楽しみたいなら、やめるべきです。

  • 他の人が退屈する
  • 負けてる人が不機嫌になる
  • ゲームがすぐ終わる

晩ご飯をかけているなら話は別ですが、そうでなければ「ブラフ」を楽しみましょう。

 

NG行動②:長考する

ゴキブリポーカーはテンポの良いゲームです。

勝ち負けを意識するより、どうやったら盛り上がるかを意識した方が楽しめます。

だいちゃん
だいちゃん
こいつここで「ゴキブリ」って言ってきたってことは、あれを持っているのか?それとも自分の手番を終わらせたかったのか。いやでも攻めてきているのか。だとしたらここはどうしようか。迷うぞ…ムニャムニャ…。

黙ってこんなに考えられたら、他の人はどんな顔して見守ってれば良いんですか。

相手もそこまで考えて出していませんから…。(笑)

ゴキブリポーカーはもっと気軽にプレイする方が面白いですからね!

 

NG行動③:手札を見せる

見せると言うより、「相手に見えるように持つ」が正しいですかね。

裏向きで渡されたカードを当てるブラフゲームですから、なんのカードが来るかわかってしまったらゲームになりません。

相手は気をつかって悩んでくれるかもしれませんが、演技を余儀なくされます。

そんな思いをさせないためにも、「ブラフ系」のゲームは特に手札の管理はきちんとしましょうね!

 

【まとめ】ゴキブリポーカーを楽しむコツ

NG行動をしなければゴキブリポーカーを楽しく遊ぶことができます。

NG行動おさらい
  • NG行動①:一人狙いをする
  • NG行動②:長考する
  • NG行動③:手札を見せる

次回プレイするときは、これだけ意識してみてください。

あとは普通にやっても面白いボードーゲームです!

↑↑購入者のレビューをみたい方はこちらから!↑↑