中級者向け

【ボドゲ紹介】ファフニル|多くを捨てて価値のある宝石だけを手に入れる競り合いボードゲーム【宝石は時価】

だいちゃん
だいちゃん
こんにちは、「だいちゃん」です!

本記事では、ファフニルの遊び方&レビューをはじめ、「ファフニルの面白くて仕方ないところ」までを徹底解説しました!

 

「ファフニル」と名付けられたニワトリは、1日に2個ずつ宝石を産みます。

その宝石をもらうには「よりたくさん手持ちの宝石を捨てたもの」がその日、産みたての宝石をもらえることにしました。

だいちゃん
だいちゃん
宝石を賭けた「競り」ができるボードゲームです!捨てるのをちゅうちょしていたら、他のプレイヤーに取られてしまいますよ!

 

それでは本文をどうぞ!

【ファフニルとは?】ゲームの概要とレビュー!

ファフニルは、プレイヤーが持っている数で価値が変化してしまう宝石を競り合うゲームです。

人数 プレイ時間 対象年齢 ジャンル 発売年式 価格
2-4人 20分 9歳以上 競り 心理戦 2019年 約2,200円
難易度
初心者おすすめ度
盛り上がり度
お手軽さ
読み合い(ブラフ)

宝石の価値は、プレイヤー合わせて一番多く所持されているものが、「一番高価な宝石」になります。

 

逆に他の捨てられて「所持数が少ない宝石」は、価値がさがってしまいます。

だいちゃん
だいちゃん
宝石をもらうには捨てなきゃいけない。みんなが持っている宝石は集めたい。でも自分が集めすぎると、みんな捨てちゃうかも..。というジレンマに襲われます..(笑)。

 

すぐ分かる「ファフニル」
  • 欲しい宝石のために自分の宝石を賭ける競りのゲーム!
  • 「欲しいけど捨てたくない」のジレンマが楽しい!
  • オークションのような楽しさが味わえる!
  • 市場を支配するのが気持ちよすぎる

ファフニルの内容物

一覧

  1. 石(宝石)+布袋
  2. ファフニルボード+捨て場ボード
  3. ついたて
  4. 得点チップ
  5. 説明書
① 石(6種類)+布袋

6種類の石(宝石)があります。

  • 金→価値が変わらない
  • 赤、オレンジ、黄、緑、青→プレイヤーの所持数で価値が変わる

石は基本的に布袋から、中身を見ずに取り出します。

② ファフニルボード+捨て場ボード

スタートプレイヤーを指す「ファフニルボード」と捨てられた宝石を置く「捨て場ボード」です。

スタートプレイヤーのことを、ファフニルの「世話係」と呼びます。

 

「捨て場ボード」は、宝石の色に対応しています。

③ ついたて

自分の持っている宝石がばれないようにするためのものです。

④ 得点チップ

ラウンド終了ごとに宝石を集計し、それに応じた得点チップを受け取ります。

⑤ 説明書

難しいことは書いてませんので、このブログをみてサクッと始めちゃいましょう!

ファフニルのルールと簡単な遊び方(流れ)

ゲームの準備

  • プレイヤーはついたてを受け取り自分の前に置く
  • ファフニルボードを中央に置き、世話係へ向ける
  • 石をすべて入れた布袋から、「世話係は11個」、「その他は10個」石をとる
  • 捨て場ボードを中央に置き、袋から石を3つ取り、そこに並べる

 

ゲームの流れ

  1. 「石2個」と「1点チップ」をファフニルボードへ置く
  2. 捨てる石を握り競り開始
  3. 【競りの勝敗】石と得点チップを受け取る

上記が1ラウンドになります。ラウンド・ゲームの終了条件は後述します。

① 「石2個」と「1点チップ」をファフニルボードへ置く

ファフニルボードにもよく見ると記載されています。

 

石の色が被った場合

色が被ったら、もう二つ布袋石を取り出します。

ファフニルボードには、2色以上の石が乗っている状態で、ゲームを開始します。

 

 

② 捨てる石を握り競り開始

石を獲得するために競りを始めます。競り落とせるのは、一番多くの石を捨てたプレイヤーです。

プレイヤーは自分の「捨ててもいい石」を握り、一斉にオープンします。

 

石を捨てる時のルール「3つ」
  1. 捨てなくてもよい
  2. ファフニルボードに乗っている色は捨てられない
  3. 間違えたら競りに参加できない
① 捨てなくてもよい

自分がいらないと思った石には、競りに参加する必要がありません。

その場合でも、握ったふりをして手を前に出してください。

② ファフニルボードに乗っている色は捨てられない

その日ファフニルが産んだ色の石は捨てることができません。

③ 間違えたら競りに参加できない

「② ファフニルボードに乗っている色は捨てられない」のルールを忘れて出してしまったプレイヤーは、その競りには参加できなくなってしまいます。

だいちゃん
だいちゃん
ゆるくプレイしたかったら、許してあげてもいいかもです..!!

③ 【競りの勝敗】石と得点チップを受け取る

色は関係なく、一番多い数をだしたプレイヤーが「競り」の勝者となり、石と得点チップを受け取ります。

競りに勝ったプレイヤーのみ、出した石を「捨て場ボード」へ置きます。

「競り」に負けたプレイヤーは、石を捨てる必要はありません。

 

同じ個数出していた場合

同じ個数なら、世話係の右隣りのプレイヤーが優先的に受け取ります。

 

【ラウンドの終了】捨て場ボードに一定数の石がたまったら

1色の石が、プレイ人数に応じた条件の個数以上並ぶと、ラウンドは終了となります。

 

ラウンドの終了条件
  • 2人→6個
  • 3人→7個
  • 4人→8個

【得点の集計】価値のある宝石の判定

ラウンドが終了したら、得点の計算に移ります。

全プレイヤーはついたてを上げ、獲得した石を公開します。

この時点で、捨て場ボードの石は関係ありません。あくまで「ゲームの終了条件」と「価値の見極め」に使うものです。

 

宝石の価値
  • 金以外→宝石の個数を色ごとに数えて、多い方から順位をつける。
  • 金  →全体の個数によらず「+1点」
だいちゃん
だいちゃん
金以外はややこしいので、以下の状況で説明します!
  • 全員の持っている宝石を足して、(金を除いて)一番多い色は6個ある「オレンジ」と「青」です。
  • 同数だった場合は、捨て場ボードの数字に書かれた順位で優先されます。
  • よって「オレンジが1位」、「青が2位」、「その他は3位」となります(必ず3位まで決めます)。
順位と得点
  1. 1位→1つにつき「+3点」
  2. 2位→1つにつき「+2点」
  3. 3位→1つにつき「-1点」
だいちゃん
だいちゃん
つまり、3位になりそうな石は早く捨てた方がいいのです!

 

1色の宝石を5個以上持っていると「いさみあし」になります。

その色が「プラス」の得点にだったとしても、そのプラス分は受け取ることができません。

だいちゃん
だいちゃん
独占はいけないということです。

もしその色がマイナスの得点だとしたら、それは計算されます。

【ゲームの終了】40点以上の人が出れば勝者

ラウンド終了時に得点を「40点」以上獲得したプレイヤーがいれば、その時点でそのプレイヤーが勝者となります。

同じ得点だった場合

同時に40点以上に到達したプレイヤーがいれば、最後に競り落とした人から、時計まわりに近い人が上位になります。

【ここがミソ】ファフニルの面白いところ

宝石の価値がコロコロ変わる

せっかく多くの石を犠牲にして手に入れた宝石でも、それを見た他のプレイヤーがその色を捨ててしまうと価値が下がってしまいます。

だいちゃん
だいちゃん
かといっていろんな色を集めすぎると、マイナスの宝石を持ってしまいます。

他のプレイヤーが「ジンワリ」と集めている色を探り当て、自分もその色を集めてやりましょう。

 

上手くいったときは、大量得点を獲得できて気持ちよくなれますよ!

捨てすぎ厳禁

いくらほしいからって、捨てすぎると取り返しのつかないことになります(笑)。

次からの競りに参加できるくらいの石は、取っておくようにしましょうね!

 

金は絶対

他の宝石と違って、金の価値は常に同じです。

なので基本的に、金は集めて間違いないのがおもしろいところです。(現金なゲームですね..!!)

だいちゃん
だいちゃん
でもたまには、金を捨てる勇気も必要なときはあります!その見極めも難しいところです。

ファフニルはどこで買える?

Amazonで購入できます。

店舗によっては取り扱いのない場合もあるので、ネット購入がおすすめです。

【まとめ】ファフニルでみんなで盛り上がろう!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

だいちゃん
だいちゃん
「競り系」のボードゲームはまず外すことなく、盛り上がるゲームが多いです!あまり意識しないと買うことはないと思うので、ぜひ新しいジャンルとしていかかでしょうか!

 

それでは今日も一日ボードゲームを楽しみましょう!

せーのっ、HAPPYボドゲ!